忍者ブログ

北の魚にこだわり、日々魚とたわむれる。 美味しい!その一言が聞きたくて。           「魚彩酒家 またつ」親爺が贈る食べ物紀行。                              毎日新鮮素材に触れられる事に感謝!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


※画像クリックで拡大

北海道を代表する魚にあげられる「そい」、別名「北海道の鯛」とも言われる。
漢字で書くと「曹以」である。
刺身にして食すと適度な歯ごたえと旨みが口の中に広がる。
アラ汁もまた美味しだ。
今回の魚体は40センチ程のもので、大物になると50センチオーバーの2キロアップなんてものも送られてくる事がある。

この「そい」、我が家で食す時はイタリアン風に料理する。
と言っても家で包丁を握る事はまず無いので、もっぱら嫁の仕事であるが。
3枚おろしにした「そい」を、たっぷりのオリーブオイルと荒く切ったガーリックで焼き上げる、ほんの少しだけバターも忍ばしておくようだ。
焼き上がったら皿に取り出し、残ったオイルできのこ類やズッキーニ、パプリカ等をさっと焼き上げて天に盛り付ける。
トッピングにも少々拘っているようで、ベーコンビッツやフライドオニオンのフレーク等が乗せてある。
自分はその間何をしてるかと言うと、出来上がるまでの間ビールで下地をつけておきその後ワインに切り替えるのだ。
家中にたまらない香りが立ち込める。至極幸せなひと時。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ 白身魚の魅力炸裂!

そい、以前はさほどに美味しいものではないなぁという印象だったんですが、
最近になって真ぞいのうまさに気づかされ、すっかりハマってしまいました。

こちらのブログ、Google リーダーで講読しているんですが、
こう毎日すばらしい記事を見せられちゃうと、札幌に行きたくてうずうずしてしまいます(笑)

また、写真がいいですもんねぇ。
携帯のカメラとはひと味もふた味もちがいます。
今度は、調理中の写真も見せてくださーい

NANAPOO 2008/11/19(Wednesday)10:11:32 Edit
◎ NANAPOOさんへ

コメントありがとうございます。
白身の魚って本当に美味しい魚が多いですね。
こんな魚達に囲まれて仕事できる事に感謝してます。

是非、札幌に遊びに来てください美味いもの用意して待ってます。
調理中の写真ですか~カメラマン養成しなくては(笑)

またつ親爺 2008/11/19(Wednesday)11:09:12 Edit
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ プロフィール
HN:
またつ親爺
性別:
男性
自己紹介:
包丁を握ってはや30数年。
老いて益々料理に情熱を燃やす。



◎ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◎ 最新コメント
[10/15 またつ親爺]
[10/15 pedi]
[07/07 またつ親爺]
[07/06 NANAPOO]
[05/12 またつ親爺]
[05/12 またつ親爺]
[05/11 東京単身のO]
[05/11 mukku]
[05/04 またつ親爺]
[05/03 マミィ]
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]